【長い睫毛を実現してくれるサプリ・美容液・つけまなど全方法ファイル】

シオノギ発売の医薬品

グラッシュヴィスタの特長

「グラッシュヴィスタ」は米国製薬大手アラガンが開発した、「まつ毛貧毛症」の治療薬。

 

日本では塩野義製薬が発売しています。

 

睫毛貧毛症治療薬(まつ毛貧毛症治療薬)の治療薬としては、日本で初の厚生労働省承認の治療薬です。

 

美容液とか健康食品(サプリ)ではなく、薬事法管理下の医薬品です。

 

アラガンが実施した臨床検査によれば、4か月間の使用で8割の人が効果を実感したとのことです。

 

グラッシュヴィスタの使い方

グラッシュヴィスタは、まつ毛の生え際に塗る外用薬です。

 

片目ごとに1日1回塗ります。

 

回数は1日1回に制限されていて、昨日塗り忘れたので今日は2回塗るとかはNGです。

 

コスメやサプリではなく医薬品なので、この指示は厳密に守るべきです。

 

また、専用のブラシは1回使用するごとに捨てるようにとのことです。

 

グラッシュヴィスタの副作用

結膜が充血するなどの副作用がありえます。

 

また、妊娠中の投与に関する安全性は確立していません。

 

妊婦および妊娠の可能性がある人には投与しないよう、アラガンのサイトが警告しています。

 

グラッシュヴィスタの入手法

美容系医療機関で処方されています。

 

2014年10月20日からは全国の皮膚科でも取扱いが始まります。

 

使用には医師の処方が必要です。

 

つまり医師が「まつ毛貧毛症」と診断するほど、まつ毛が薄くなっている人のための薬です。

 

「まつ毛を伸ばしてきれいになりたい」というレベルの人のためのものではありません。

 

保険は適用されず、価格は70日分で2万円程度。

 

実際は医療機関によって異なります。

 

まとめ

医師の処方が必要であり、副作用の危険もあります。

 

本当にまつ毛が薄くて困っている人以外は手を出さなくていいのでは?

 

人並みにまつ毛があるけどもっと伸ばしたいという人は、もっと低リスクな方法でコツコツ伸ばすのがいいと思います。